コンタクト 初めて おすすめ | 毎日おさんぽ

コンタクト 初めて おすすめ

マンスウェア 生活

今年の春に晴れて大学生になった娘。
髪を染めたりおしゃれをしたり、コンタクトをしてウキウキのはずでしたが、新型コロナウイルスの影響で大学はオンラインとなってしまいいろいろ残念なことになってしまいました。

コンタクトレンズについては出かけることがバイト以外はまずなくなったことと、初めての着用となるため手で目を触る機会が多いコンタクトは今の時期感染のリスクがあるということで、少し先送りにしていました。病院に行くことも正直怖かったですからね・・・

しかし最近は街中でも感染症対策が施されており、各自の予防についても手洗い徹底など比較的向上していると思われたのと、感染者自体も減りつつあるということで昨日、眼科に行ってみました。

結論から言うと、午前に行ったのですが初心者受付は午後からということで試すことはできませんでした。
しかし初めてのコンタクトの際はどうやって話を進めればいいのか相談することができました。

現在私はメニコンメルスプランのマンスウェアという1か月使い捨てタイプのソフトコンタクトレンズを、月額制で使っています。
毎日はずして洗浄しケースに入れ、一か月たったら捨てて新しいものに取り換えるため清潔度は高いです。

マンスウェア

最初はハードを買い切りで使っていたのですが風が目に入るとすごく痛いし、目の中でレンズが上下する感覚にどうしてもなれなくて断念、その後はソフトレンズを買い切りで使っていました。しかしあまり目が丈夫ではないらしく何度も結膜炎になってしまったため使い捨てに変えたところ、うまくフィットしてウン十年というかんじです。

メルスプラン+使い捨てのいい所は3か月ごとに眼科に必ず行かなくてはいけないため定期的に目の健康状態をみてもらうことができる点です。月額2300円くらいで、ケアグッズはなしで安いものを薬局で買って使っています。

そのため眼科にも「娘には使い捨てソフトを考えている」と軽く話したのですが、そもそもソフトにするかハードにするかは付け心地で選ぶものではないと軽くお叱りをうけました。

長時間使いたいならハード(ソフトは長くて8時間くらいと聞きました)、激しい運動をしたいならソフト、ただし眼の状態を見てみないとそもそもコンタクトレンズができる目なのかはわからないとのことでした。そこでハードかソフトかきめたうえで、その次に商品のタイプを選ぶべきなんだそうです、勉強になりました。

というわけでコンタクトを初めてする際のおすすめは「まず信頼できる眼科を受診すること」です。
買い切りは初期費用こそかかるもののなくさずレンズ状態がよければずっと使えて経済的です、使い捨てはコンスタントに費用が発生するものの紛失を考えるとうっかりな人にはいいと思います。あと、清潔なレンズが使えます。

使い捨てレンズは通販でも買うことができますね。最初は処方箋がいるためやはり眼科が必須なのには変わりないんですけどね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました