鬼滅の刃 映画 年齢 | 毎日おさんぽ

鬼滅の刃 映画 年齢

オタ活

昨日、平日ということでそれほど混雑することもなく鬼滅の刃の映画を観てきました。

もちろん公開後2週間経っているので入場特典は終了・・・だったのですが、家族で観に行った友人から「家にたくさんあるからあげる!」と好意で入場特典である煉獄零巻を先日いただきました。最高の友達じゃん・・・

煉獄零巻

内容は煉獄さんの過去漫画数ページと、残りはアニメの振り返りやキャストインタビューとかなりの内容の濃さにおどろきました。アニメ観てない人もこれ読んで映画見ればしっかり理解できそう。ちゃんと普通のコミックスみたいにカラーのカバーがついてるしね!

肝心の映画ですが、まぁとにかく煉獄さんがとてもよかったですね。正直漫画読んだだけ&アニメで数話見ただけだと「ヘンな眉毛と髪色のちょっとサイコなかんじの人」という印象が強めだったのですが。映画を観終わる頃にはすっかり心酔してました・・・

で、気になっていたのは年齢制限の件。「深夜アニメだろ?なんで幼児OKなん?」と思っていたけど、PG12ということで「12歳未満は保護者の助言・指導が必要だが、誰でも見ることができる」という区分けなんですね。

個人的には首が落ちたり手がちぎれたりするシーンがきつく、精神的には自殺するシーン(夢の中の自分を殺さないと現実に戻れないため仕方なく)もなかなかくるものがあったのですが、それよりなにより列車内のぐちゃぐちゃした内蔵のような映像が思ったよりキツかったです。

ただし「殺人鬼が無差別に人を惨殺する」ようなシーンはないので、グロめの映像が平気であれば子供たちを精神的に汚染する感じはしないという印象を受けました。

しかしながら事前知識が足りず「たんじろーかっこいい」レベル認識の幼児が劇場の大画面・大音量のグロ映像を前にして急に泣き出したり怖くなることが考えられるます。先に漫画なりアニメなりでこんなシーンがあるとチラ見せして確認しておくと、映画代がもったいなくないし子供にトラウマを植え付けなくて済むのでいいかなと思いました。

あくまで深夜アニメ枠を越えない映像な作品の劇場版がここまでヒットしているのには改めて驚きを感じます。漫画もまためちゃくちゃ売れてるみたいですので、これから欲しい場合は定価で見つけたら即買いしないといけないなと思いました。無限列車編は7巻8巻で読めます。

そして鬼滅の刃のアニメを1話から全部見たい場合は、U-NEXTで配信中ですので1か月の無料トライアルを利用して一挙見するのもおすすめですよ。

アニメ最終話がキレイに無限列車編へとつながっています。

劇場版の終了時にTVアニメ二期発表が来るとふんでいたのですがまだだったのはちょっと残念・・・ 煉獄さんのご実家訪問からの遊郭編は劇場版でもいけるかな?しかしその先も観たいのでやっぱりTVアニメ化でお願いしたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました