kinto one デメリット | 毎日おさんぽ

kinto one デメリット

家族

今年の春ごろ、実家の父親がトヨタのkinto oneを契約する際に下調べから契約手続きまでお手伝いをしたので、私が思うkinto oneのデメリットについて書いておきたいと思います。

唯一かつ最大のデメリットは、高いことです。保険代や自動車税・基本のメンテナンス代がコミであっても、毎月4万6000円ほどを契約必須期間である3年の間支払い続けると約166万円となります。
これに加えてガソリン代や駐車場代は別途必要になりますので、普通に買って3年乗って売った方が安く済む・・・

ではどうして父に私がこれを勧めたかというと、父が免許返納を2年後に考えているからです。年齢的・体力的にここが区切りであるためそのタイミングで免許返納を予定しているのですが、kintoって免許返納時と転勤が決まった時に限り(ほかにもあるのかもしれませんが)途中解約料が不要なんですよね、証明書は必要となりますが。

そのため新車を買って2年で売る場合に加えてカーリースとKintoを比較したのですが、kintoに軍配があがったため選択しました。kintoでも高齢者向けのセーフティ機能をオプションで付けることができ、政府が配っているサポート補助金の10万円をもらうことも可能でした。

私なりに考えた結果、転勤や免許返納が決まっていて3年より短い期間だけ新車に乗りたい場合はkintoもいいかなと思います。ちなみに万が一事故で全損した場合は車体を返却して終了となります。しかし菅田将暉のCMのように若者も保険代が高いし車を買う暇がないからkintoがいいね!とはちょっと思えないですね、普通に買って10年乗りつぶした方が安いと思います。(ていうか車見に行く暇すらないなら乗る暇もなくない・・・?)

そして、そんな父から先日「kintoは今だとヤリスクロスにも2万で乗れるらしい」なんて話があったので調べてみると・・・最近では3年契約以外に5年と7年契約も可能となり、ボーナス払い11万×2回を併用する方法で月額を抑えることができるといった内容の広告をうっているみたいですね。

きんと

しかしこれを見て父は自分の契約では損していると思ってしまったようなので、トータル支払い額は同じである旨を伝えナットクしてもらいました。

高齢者も利用するkintoで勘違いを起こさせるような宣伝の仕方はちょっとね・・・ 既存のユーザー向けのアナウンスも足りていないと感じたので、これについてはサポートへ連絡しておきました。

我が家もそろそろ車検ですが、古くなってきたけどこのまま乗るかな・・・車にあんまりお金をかけたくないんですよね。しかしできればドラレコを付けたいな~と思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました