ヴァイオレットエヴァーガーデン 特典 映画 | 毎日おさんぽ

ヴァイオレットエヴァーガーデン 特典 映画

ヴァイオレットエバーガーデンの特典 オタ活

以前にこちらの記事(映画館 コロナ リスク)で書いたのですが、いよいよ公開となった劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデンをまだ夏休み中の娘と見てきました。

ヴァイオレットエヴァーガーデンでは入場特典として、映画を見る人に短編小説冊子を9月25日から配布しています。
私たちはコロナリスクを考え公開して少したってからの鑑賞となったのであきらめていたのですが、無事にもらうことができました。

ヴァイオレットエバーガーデンの特典

今回もらえたのはこの2種類。

  • 「ベネディクト・ブルーの菫」
  • 「オスカーの⼩さな天使」

連続して入場したためダブらずにもらうことができました。つまり全3種類ですので友達を2人連れていき連続入場すれば全部揃えることができるのではないかな?と思います。

しかし娘が一番読みたかったのは「ヴァイオレット・エヴァーガーデン If」らしい・・・諦めてくれ、メルカリでもヤフオクでも超高値がついているんだ・・・・・

肝心の映画ですが、京アニさんがあの事件の後に作り上げてくれた作品というだけで大満足です。

しかしながら、ストーリーには「?」と思う点がいくつか・・・

  • アンの孫のくだりは何のためにあったのかな?
  • 病気の少年の話は今回の劇場版でどんな役割があったのかな?
  • もっと郵便社のみんなの話を掘り下げてほしかった
  • 少佐がアニメ本編ではいい感じの役割だったけど、今回は・・・

などなど、前回の映画・外伝はアニメ放送を見なくても楽しめたかと思いますが今回は完全にアニメを知らない人は置いてきぼりになったのではないでしょうか。

まだ内容についてはうまくかみ砕けていない部分もあるので、ほかの方の感想を今から読み漁りたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました